新刊情報

2024年度ボローニャ国際絵本原画展ファイナリスト選出作品★

NetGalleyにて全ページ試し読み実施中!➡こちらから

  

コンスタンチン・ザテューポ 作、藤原潤子 訳

『ぼくのとっても ふつうのおうち』

1800円+税 40ページ・上製本 2023年12月刊

ISBN: 978-4-911057-00-1

 

ウクライナ戦争がきっかけで生まれた絵本。

一度にすべてを奪われた難民の子どもの願いとは…。

 

  ────────────────────────────────────────

お知らせ

中川素子著『世界をひらく60冊の絵本』平凡社、2024年2月

  

現代を生きる誰もが共有すべき13のテーマから、60冊の絵本を取り上げ、紹介している本書。第8章「戦争を見つめ、平和を祈る」のセクションで、絵本『ぼくのとってもふつうのおうち』をご紹介いただきました。

  

・Yahoo! Japanニュースほか 3月18日配信 「『おそロシア』のイメージ、絵本で変えたい! ウクライナ侵攻下、日本人学者が「ひとり出版社」を立ち上げた理由とは? 1作目はロシア人とウクライナ避難民の交流から生まれた物語」

『茨城新聞』(2024年3月1日朝刊)などで弊社代表が「時の人」として取り上げられました

講演「ロシア絵本の現在と翻訳出版」@えほんサロンPICO(大阪) 2024年2月4日

・大阪国際児童文学振興財団(IICLO)公式Youtubeチャンネル 2024年1月19日配信

・『ぼくのとってもふつうのおうち』が、2024年度ボローニャ国際絵本原画展ファイナリストに選出!

『毎日新聞』2024年1月15日 13:58配信 「おうちへの憧れ ウクライナ難民との交流で生まれた絵本、翻訳・出版」

・講演「いま、ロシアの子どもはどんな絵本を読んでいるのか?」@日本ユーラシア協会大阪府連 2023年11月18日

高校生向けオンライン授業「絵本からみえるロシア」@隣国ロシアを理解するための東北大学講座 2023年11月28日 

 

お知らせ一覧